マッチングアプリや婚活、恋活の情報をできるだけ徹底的に調べて本当の情報をお伝えしています

こいこい(婚活・マッチングアプリ)コミュニティー

恋愛

男性の恋愛心理しぐさ行動視線lineメール本能血液型別

更新日:

男性が何を考えているのかがわからない・・・少しでも男性が何を考えているのかが知りたい!

女性から見たら、男性の言動が謎だらけで振り回されちゃうことってありますよね。

そんな時に、男性心理で彼を知ってみませんか?

この記事は

恋愛における男性心理が知りたい女性

恋愛における男性心理を自分でも客観的に知りたい男性

のために、女性恋愛カウセラーが書きました。

参考にして、男心をのぞいてみましょう!

男性心理とは

男性の恋愛心理しぐさ行動視線lineメール本能血液型別
男の人と言えば・・・

  1. 単純
  2. プライドが高い
  3. 精神的発達が女の人より遅い
  4. 性欲が強い

などの特徴を感じてしまう時、「男ってどうしてこうなの?」と感じてしまう女性も多いかと思います。

男性と女性は全く違うものです。

体の構造、性的に子孫を残す役割、そしてホルモンの量が違うことから女性とは違う心理があります。

心理学、精神分析学の祖であるフロイトによって、無意識の層にある「性的衝動」が日常生活に影響を及ぼしていると提唱されています。

一言で言ってしまえば、無意識の中の本能の違いが、男性と女性が大きく違う理由なのです!

心理をすべてうのみにしてはもちろんいけませんが、男性と女性との差を気付くうえではとても役に立ちます。

男性と女性、どちらもなくてはならない存在です。

男性の心理を知ることで女性がもっと男性をわかるようになれば、恋愛にも応用がききますよね!

恋愛で男性にたいして同じ失敗を繰り返してしまっている女性は、男性のことを知ることで失敗を避けられるようになります。

この記事を読んでいる男性の皆さんは、自分の深層心理を客観的に見てみてください!

男性が好きな女性に見せてしまう4つのしぐさ・行動

男性の恋愛心理しぐさ行動視線lineメール本能血液型別 男性が好きな女性に見せてしまう4つのしぐさ・行動
男性心理を知りたいと思ったきっかけに、「男性が脈ありなのかどうかを知りたい」「私をどう思っているのかを心理的に知りたい」というのを考える女性も多いと思います。

男性が自分のことを好きなのかどうかを見抜くのに、言葉で言わなかったとしても姿勢、視線、ジェスチャーで心理が出てしまうことがありますので、まずは具体的に出てしまうものを見てみましょう。

1. 片方の肩が下がる

男性は好きな子を前にすると、片方の肩が下がってしまい、姿勢が崩れてしまいます。

これはアメリカの実験で判明したことです。

片思い中の人は、彼の肩が傾いていないかをチェックしてみましょう。

2. 相手の目を見つめる

男性は好きな子と視線を合わせようと、相手を見つめてきます。

視線でも相手が脈ありなのかを判断できます。

興味ある相手をよく見ようとして、瞳孔も開いちゃいます。

3. 相手の方に体が向く

隣に座ったときなど、男性は興味ある女性が隣にいると、そちらに体を向けます。

話している時にこちらへ向かって身を乗り出したりしてくるのも、ついつい好きな子にしてしまう行動です。

かなりわかりやすく見られる特徴です。

4. 一人称を多く使ってくる

「俺が~」「俺は~」など、とにかく一人称を使って自分はこういう人間だ、自分はこう思っていると主張してきます。

男性は好きな相手には自分のことを知ってほしいと思っています。

一般的に男性が好きな女性に対して自分のプライベートの話ばかりや自慢話をしてしまいやすいのは、こういう心理のためです。

男性が興味のない女性に見せてしまう3つのしぐさ・行動

男性の恋愛心理しぐさ行動視線lineメール本能血液型別 男性が興味のない女性に見せてしまう3つのしぐさ・行動
男性は女性よりも表情が豊かでなかったり、口数も少なかったりすることから、「一体何考えているのか分からない!」ということも少なくないと思います。

ですが男性のしぐさや行動を観察していれば、彼に脈がないこともわかります。

たとえ脈がない特徴があったからといって諦めるのではなく、第一印象を良く思われていなくても逆転できることは可能です。

1. 眉間にしわがよる

男性は興味がない相手、嫌悪を感じている相手に呼ばれると、眉間にしわが寄ります。

難しい問題とかで眉間にしわが寄るのと同じです。

もともと眉間にしわがある人は、ピクリと反応しないか注目してみましょう。

好意がある場合は眉間の筋肉は反応しないですし、口角があがります。

2. 名前を呼ばないで用件を伝える

男性が相手の名前を呼ばないで用件だけを伝えてくる場合は、苦手意識がある、あるいは嫌悪がある可能性があります。

あるいはその他大勢の中の一人ですから、あえて名前を呼ばないということもあり得ます。

やはり男性の名前の呼び方は女性と違って重要ではないとされてきましたが、心理的には男性の場合でも相手に興味や好意がなければ名前は呼ばないということが分かっています。

3. 距離を取る

相手との心の距離を測る上で、相手と自分との間に物理的な距離感がどれくらいあるかを見て知ることができます。

人それぞれにパーソナルスペースというものがあり、ここに入ってこられるのを人は嫌がります。

このパーソナルスペースの大きさは、国、民族によっても違いますし、個人によっても違います。

友だち、家族でしたら入って来ても問題なかったりします。

ですが、あなたが例えば一緒に飲んでいるのに、どことなく体を反らされていたり、イスを遠ざけて距離を取ろうとしていたら、親密でないということに繋がります。

目線で見破る!彼の心理

「目は口ほどにものを言う」という言葉がありますように、男性の目線に注目すると彼がどういう心理なのかがわかります。(左利きの場合は左右が逆になる場合があります。)

早速チェックしてみましょう!

・まばたきが多い

彼のまばたきが多い時はあなたと喋ることに緊張している心理が現れています。

緊張をほぐしてリラックスしてもらうようにしましょう。

・右上の視線

彼が右上を見ている時は、嘘がついている可能性があります。
経験にないことを想像して話している心理が出ています。

あなたに何か嘘を言ったりごまかそうとしている可能性があるので注意が必要です。

・目を合わせない

彼があなたに目を合わせないのは自信がない心理が出ています。

女性は目を見ないことを「直しなさい」と言われて直せている人が多いですが、男性は大人になっても直せずに

・左上の視線

彼の視線が左上にあるとき、過去の体験や経験のあることを思い出そうとしています。

・左下の視線

彼の視線が左下にあるとき、音楽や声などの聴覚にかかわるイメージを想像しています。

・右下の視線

彼の視線が右下にあるとき、苦痛も含めた身体的なイメージを想像しています。

男心を掴む!3つの心理作戦

男性と仲良くなるため、時に心理作戦をすることは有効です。

ちょっと計算づくに感じてしまうかもしれませんが、知っていいれば何かのタイミングで使えます。

モテる女性ほどチャンスは計算ずくで男性と仲良くなるきっかけを起こしていたりするものですから、自分の引き出しに入れておきましょう。

恋愛ではきっかけ作りが大事です。

男性と近づくきっかけ、仲良くなるきっかけを心理作戦で使ってお付き合いできる可能性をアップさせましょう!

1. 小さなお願いを重ねて強引なアプローチも叶える

小さなお願い事から初めて、だんだん大きなお願い事にしていきましょう。

人は段階を踏んでお願い事をされると、断りづらくなります。

男性と仲良くなるために、

「〇〇教えて!」

「〇〇について聞きたいことがあるからLINE交換しよう。」

「〇〇へデートしよう。」

と、このように段階を踏むことで、断りづらいという心理状況を作ることができ、結果的にデートの約束まで取り付けられてしまいました!

なかなか実践するには勇気がいることですし、一般的に言われている恋愛の正攻法は下心を見せない、男性から誘ってもらう、など時間がかかることが多いですが、心理的には一つのお願いが叶った時点で段階的にお願いを次々されると断りづらくなるというのがあります。

よく、ものすごいスピードで彼氏を作ったりしているモテる女の子がいませんか?

「恋は勢い」と言わんばかりな無鉄砲に見えますが、変にチャンスをうかがいつつ仲良くなるよりも合理的ではあります。

これとは逆に、最初に大きなことを言っておいて拒否されたら小さなお願いをして叶えてもらう、という手段もあります。

一回断ってしまうと断りにくくなってしまうため、「小さなお願いだったら叶えられるか。」思うからです。

2. ギャップ性を与えて親近感を感じさせる

第一印象がたとえ悪かったとしても、その後に優しくしたリ笑顔で接したりすると「あれ、この人実はいい人じゃん!」と意外なギャップから、相手に対して親近感を持つようになります。

確かに男性と接する上で第一印象は大事ですが、第一印象がたとえ悪かったとしても、このギャップでの逆転チャンスを狙えば、かなり効果的に彼に好感を持ってもらえます。

彼に今よく思われていない、嫌われている、最初の出会いが最悪だった、とくよくよしないで、ギャップを感じてもらうためにもう一度アタックしてみましょう!

3. 褒める

男性は女性から褒められると、承認欲求が刺激されて自尊心が高まり、認めてくれた、応援してくれた女性を心強い味方だと感じます。

そしてそれは恋心に似た感情でもあります。

しかも、褒めてもらうと相手に同じだけの好意を返そうと思います。

具体的に褒めてあげて、男性が返せないような大袈裟で大きなことは褒めない方が良いです。

「いつも〇〇君は仕事ができて、本当にすごいね!助かっているよ!」と男性に伝えてあげたとします。

すると男性はもらった好意を返そうと、自分の良いところを見つけようとこちらを見てくれるようになったり、よりフォローしてくれるようになります。

男性に言ったら喜ぶ4つの台詞

男性はプライドが高い生き物なので、基本的に異性から褒められたら気分がよくなります。

ですが、あまりお世辞を言っても男性に感づかれてしまいます。

それでは一体どんな言葉で褒めたら良いのでしょうか?

本当に彼の話や行動が良いと思ったとき、心からこの男性が心理的にとても嬉しくなって好感が持てる台詞を言ってあげましょう。

1. 〇〇君ってたよりになる

女性から頼られることで、男性の承認欲求と保護欲を刺激します。

また、こんな台詞を言ってもらえると嬉しくなって、あなたにもっと頼られたくなるでしょう。

2. すごいね!

男性はおだてに弱いので、異性からの「すごい!」「さすが!」という声はとても嬉しくなってしまいます。

ただ、繰り返してしまうと男性にお世辞なことを見破らてしまうので、「すごいね!」の後に具体的なコメントも一言つけて伝えてあげると、より現実味を感じて喜びます。

3. はじめてだよ

男性は女性にとってセックスで初めての男になりたがるのと一緒で、自分が教えたことや何かほかの日常的なことでも、女性から「はじめて」であることを伝えると、自分が女性にとっての「はじめて」を提供することができた、と優越感持ちます。

4. 〇〇君が一番!

男性は常に同性同士で競争しあっています。

女性から些細なことでも良いですから、お世辞でなくてこんな「一番だよ!」と伝えてもらえたら、嬉しくてたまらなくなります。

男性はプライドが高いので、心理的に「一番である」ことを言われることが優越感を感じて幸せになれるのです。

男性に言ってはいけない台詞

それでは逆に、男性に好意を持ってもらいたい時に、男性心理的にNGな言葉はどんな言葉でしょうか?

  1. 運転下手だね
  2. かわいいね
  3. 痩せてるね
  4. 色白だね
  5. 面白くないね
  6. 体力ないなぁ
  7. 頼りない

当たり前ですが男性に好意を持ってもらいたければネガティブなことは言わない、身体的特徴は気にしている可能性があるので言わないことが無難でしょう。

言うとしても、「かっこいいよね!」と漠然としたものにした方が良いです。

あと、ちょっと下ネタになりますが、セックスの時に男性器が、大きい、硬いという言葉も言わない方が良いです。

男性はなんだかんだ自信がなくて繊細なところがあるので、他の男性と比べられていると感じる発言はしない方が良いです。

女性は元カレの話とかを平気でしてしまいますが、男性からしたら元カレと比べられるのは最低の気分になってしまいます。

付き合う前なら話しても良いですが、付き合った後に元カレの話は悪気がない発言だとしてもやめましょう。

「元カレは〇〇してくれた!」と比べられたら、劣等感を感じて傷ついてしまいまう、最大の禁句です。

血液型別、男性心理から見た攻略法

あなたは血液型を信じますか?

人類が四種類に分けれて、同じ血液型がみんな同じように考える、なんてちょっと信じられないですよね。

ですが、血液型ごとに思考や言動に共通の傾向があるのは事実です。

血液型占いや心理が長年人々から支持されているのには、当たる、と思われているデータに理由があります。

血液型ごとの心理を書いていきますので、彼を攻略する上で参考にしてみてください!

・A型男性の攻略法

A型の男性は基本まじめです。

こだわりがあって、隅々まで行き届いた仕事をする完璧主義者です。

失敗することのないように、いつもちゃんと前もって用意をしています。

一見これは長所ですが、逆に失敗をとても恐れるからこそ、このように細部までこだわります。

失敗を恐れるあまりに「大胆なことができない自信のなさ」と「小さなことを気にしすぎてしまう自分が窮屈だ」と感じている心理があります。

彼に自信を持たせ、この2つ悩みから解放してあげましょう。

また、A型男性は好きな女性にダメ出しをしすぎてしまう傾向にあります。

女性としてはうんざりしてしまったり、傷ついてしまうこともあるかもしれませんが、A型男性は「好きだからこそ、相手にも失敗させないように伝えよう。」と思うのです。

キツいダメだしは愛情からなので、「彼にこんな自分は嫌われている・・・」と落ち込む必要はありません。

実は、A型男性はダメだしできる女性と一緒にいると、きちんとした自分を感じることができて、安らぐのです。

A型男性は自分が甘えたくてもとても慎重なので、自分よりきちんとしている相手に「甘えさせてもらっている」と感じてしまうのは、安らぎません。

自分がダメ出しをしつつ、一緒にふざけあえるような空気感を好みます。

A型男性と接するときは、彼のこんな心理を理解してあげて、彼のダメ出しを気にせず受け入れ、一緒にまったりして彼の空気を和らげてあげると仲良くなることができます。

・O型男性の攻略法

O型は「感情的」と言われるように、まさに「言葉よりも相手が自分の感情にどう訴えかけてくるか」がすべてです。

女性から「好きだよ」と言われたり、デートに誘われたりしても、彼女の言動が自分の感情に愛を感じられなければ信じられません。

ふと女性が困ったときに手を差し伸べてくれたり、自分を見守ってくれた、自分を特別視してくれた、といったことから愛情を受け取るようになります。

一見なつっこそうで言葉だけでは受け取る事を拒む警戒心の強いO型男性ですが、女性から男性として頼ってもらったり、何かを教えてと頼まれたりすると、彼女にとって特別な男である自分を感じることができて、気分が良くなります。

また、女性の裏表ないすなおさも大好きです。

そんなO型男性の心理を踏まえて、彼に接するときは言葉でなにかを伝えようとしないで、彼を実際に頼ったり質問したりして、実際の言動で特別視していることを伝えてあげましょう。

けれど、この時めんどくさそうな反応を彼らはするかもしれません・・・実際は悪い気はしていませんので安心してください。

そして、O型男性は女性に何かを教えているうちに、相手にたいして保護欲を感じ始め、好きだと感じることもあります。

保護されているだけでなく、O型男性が困っている時に手を差し伸べることもできたら、O型男性にとってあなたは特別な女性になるでしょう。

・B型男性の攻略法

B型男性はマイペースでひがみやすいところがあります。

そしてやはりB型男性も警戒心が強いところはありますが、A型とO型とは違うところは、相手の出方をうかがっていることからの警戒なのです。

つまり、自分にきっかけさえあれば相手の心を読もうとせずに自分から行動することができます。

じっと相手の出方を待って自分をどう思っているかをさぐるよりも、自分が実際に行動することで相手との愛を得ることができるのだと考えているからです。

よってB型男性に対しては、変に彼の心理を利用して近づこうとするより、駆け引きなしでアプローチしてくる女性に弱いです。

B型男性は最初はかまわれるのが好きで、恋愛に対しては基本受け身の姿勢になっています。

すれ違いざまに話しかけるなど、彼に追いかけてると感じさせないくらいのちょっとドライな構い方をしつつ、彼に興味を持ってもらい、追いかけてもらうと良いでしょう。

付き合っていく上で厄介なのはB型の男性は基本的にあまのじゃくで冷たくしたり、根はすなおなのですが被害妄想が強いため、すぐに不機嫌になってしまいます。

そして女性の言葉を言葉通りに受け止めてしまうので、彼に対しては強がって拒絶の言葉を言わないように気を付けてください。

B型男性の心理は屈折しているからわかりにくいと思いますが、少年並みの単純さです。

彼を褒めてあげて、素直に言葉を伝えてあげるようにしましょう。

・AB型男性の攻略法

AB型はA型の細部まで行き届いた慎重な性格と、B型の子どもで気ままな言動をする性格が混在しています。

一見この二つが合わさることなんてないように思えますが、AB型の男性は切り替え上手なのでこの二つの顔を確かに持っているのです。

この二面性がいわゆるギャップ萌えと女性からの支持に繋がったりもしますが、対してAB型の男性は平凡におおらかな女性が好きです。

包容力があって、自分自身や自分の趣味に理解してくれるような女性に対して良さを感じます。

ファンタジーも好きだったりするし、自分を守ってくれるような女性が好きだったりと、情熱的な女性を好んだりもします。

AB型は一番少ない血液型のため、AB型は心理的に自分がなかなか人と考えが違うことから少数派であることを感じて、基本的に人と距離を取るようにしています。

なので、基本人を避けるAB型の男性が側によってきているのなら、好意がある証拠でしょう。

そして、好きな人には奉仕する傾向にあるため、気に入られたらとても親切にしてくれます。

彼のこのさり気ないアプローチを見逃さずに受け止めるようにしましょう。

男性と付き合う上で知っておいて欲しい11個の男性心理と本能

皆さんが感じている通り、男性と女性では心理的に全く違います。

ただ、「男ってみんな○○!」と思っていることも、ちゃんと本能的な理由があるのです。

これから紹介する11個のことは、もしかしたら女性の皆さんを「やっぱり男の人はそうなんだ・・・」とがっかりさせてしまうかもしれませんが、もちろん個人差はありますし、そういう傾向があると知った上で対策をしたり、相手を理解することができます。

男性はぜひ、客観的に自分や周りの同性たちを思い浮かべて読んでみてくださいね。

1. 美人な女性に弱い

「男性が美人に翻弄されて破滅してしまう。」というストーリーはたくさんありますよね。

これは現実でも、男性にとっては美人であると「美人=能力が高い」とほかの要素の判断にまで影響してしまいます。

男性が視覚的な感覚が強いためです。

また、男性は美人を連れ歩くことで、人から「すごいきれいな人を連れて歩いてるね!」と褒められることで、優越感を抱きます。

そのため、美人本人が美しいという事だけではなくて、優越感をもたらしてくれる美人という存在に惹かれていることもあります。

なのでこの男性心理を利用して、とびきりの美人にならなくても、一緒に歩いていて人から「綺麗だね。」と褒められるようになれば良いのです。

男性は恋愛対象として意識しなくても、競争心の高い男性が意識し始めるきっかけは周りからの評価からだったりします。

2. 若い女性が良い

これは日本だけでなく、世界的に男性は若い女性を好みます。

若い女性、特に20代は繁殖能力が高い時です。

つまり、妊娠しやすい体なのです。

男性はセックスをたくさんして、自分の子孫をたくさん残したいという本能があります。

そのため、若い20代の女性に惹かれてしまい、ものすごい年下の子と付き合いたがったり、若い子と不倫・・・という形にもなります。

男性にとって女性を妊娠させやすいかを図る目安は若さなので、若い子ばかりを追ってしまうのは男性の本能です。

とはいえ、今、男性の中でもいつまでも子どもでいたい、守られていたいと考えるため、マザコン気質で年上の女性と付き合いたいと言っている男性も増えてきています。

3. 巨乳とくびれが好き

男はおっぱいばっかり見てる・・・これにもちゃんと理由があります。

昔から男性は女性の胸と女性らしいラインであるくびれが大好きですが、一つは男性にはない女性らしさに惹かれているから好き、という心理があります。

あとは人間は二足歩行になってお尻が見えなくなったことから、男性へのセックスアピールのために胸が発達したとも言われていますので、男性が性的な魅力を感じて見てしまうのも仕方がないことなのです。

そして、巨乳であるということは子どもに栄養を与えることができますし、針のあるバストは若い証拠、女性らしいラインもまた、妊娠しやすい女性であることのシンボルです。

くびれは20代、30代の繁殖能力が高い時の女性ホルモンによってできるものです。

男性は本能的に妊娠しやすい体の女性に惹かれているのです。

下っ端らが出てくびれがない状態だと、男性は不健康さを感じてしまいます。

この女性らしいラインくびれをシェイプアップして維持できるのも、男性を離さない秘訣でしょう。

4. セックスの相手選びハードルが低い

女性はワンナイトラブの関係であっても、相手に知能を求めます。

これは女性は一度に一人の男性の子どもしか妊娠できないため、より良い男性の遺伝を残したいと選ぶためです。

一方で男性は、一夜限りのセックスをするか関係なら、相手の知能は問わない、生理的に受けつければ誰でも良いとしています。

知能が低くても良い、というのは少し嫌な言い方ではありますが、つまり男性はセックス相手には中身や教養は問わないのです。

パートナーや結婚相手にはもちろん知能や中身を求めたりしますが、遊びの相手は違うものです。

男性はとにかく多くの女性とセックスして、射精して、子孫を残したいという本能を持っています。

男性が女性と違ってセックス相手には情が移らないというのは、この本能に突き動かされているということと、セックスをする情感に相手の中身を見ていないからです。

なので、この記事を読んでいてセフレを作る男性の心理を知りたい、セフレから本命になりたいと考えている人は、コミュニケーションをとる機会を増やして彼に中身を知ってもらう必要があります。

逆に彼の二番目の女になるのが簡単と言われるのは、数セックスしたい男の本能のためです。

5. いつもセックスをしたがる

女性にとっては驚きなことだと思いますが、男性は「ずっと良いなって思っていたんですけど・・・よかったらデートしてください!」と異性にデートのお誘いされるより、「よかったら一緒に寝てくれませんか?」とセックスのお誘いの方がOKする確率が高いのです。

ちなみに女性はそんな、セックスのお誘いをいきなりしてきてOKする人はいません。

女性は優秀な子孫を相手を選んで残したいのに対して、男性は数セックスしたいという大きな本能の差がこの例でも大きく出てきます。

これは男性のセックス中枢が大きかったり、テストロン(男性ホルモンの一種)が女性より10倍から20倍多くあることに関係していると言われていて、強い性衝動から本能的に「セックスがしたい。」と思ってしまうのです。

「それじゃあ、男は体目当てなの?」と女性が思ってしまうのも最もですが、男性はセックスのパートナー選びのハードルが低いのと同様に、「セックス=愛」だとは思っていません。

パートナーに持つ感情とセックス相手に持つ感情は別、という男性心理は「自分の意識」と「無意識の衝動」の二つによって成り立ちます。

なので、彼のこの性的衝動を利用してセックスをしてしまう、付き合っていなくてもセックスができるセフレになることは簡単ですが、本気の恋愛なら彼が本能であなたを求めている状態の時に簡単に体を許さない方が良いのはこのためです。

お互いに愛しあってからセックスに入らないと、あなたは彼の本能だけを相手にすることになります。

男性の性的衝動が強いからこそ、性的サービスは存在する

ここで女性が知っておかなければならないのは、男性の性衝動はあまりにも強いということです。

女性的には異性と話す場であるキャバクラはもちろん、性サービスを受ける風俗やデリヘリ(デリバリーヘルス・・・ホテルなどに出張で性サービスをすること)を利用する男性を受け入れられないという人も多いですね。

性的サービスを利用する彼を辞めさせたい、そんなふしだらなサービスを利用する彼の心理が知りたいという意見も分かります。

ただ、世界最古の職業が娼婦と言われているように、男性の性欲というのは女性が思っている以上にどうしようもなく強い物なのです。

このことを踏まえて彼と話し合ってみましょう。

6. セックスの後で冷めてしまう

男性がセックスする前や最中はさんざん求めてきたのに、終わった瞬間に上の空になったり、眠ってしまったりして、女性の皆さんは不満を感じたことってありませんか?

実は、男性はセックスが終わってしまうと、相手の女性に対して魅力を感じられなくなってしまう人が多いのです。

性衝動にうごかされて相手を求めてセックスしましたが、その衝動は持続しません。

セックスが終わって達成したとたんに、あんなに愛し合ったのにもう別のことを考えていたりします・・・あるいは別の異性にもう気が行ってしまっていることもあります。

これがいわゆるスーパー冷静タイムや賢者タイムと言われるものです。

一方で女性は妊娠したらしばらくお腹に子どもを宿すことになりますし、当然育てることになりますから、男性と長期的な関係を望みます。

セックス後も男性と戯れたり余韻に浸りたいのに、男性が冷たくて女性が寂しい思いをしてしまうのは、この性的な差が原因です。

セックスにおいて男性は女性より貪欲なのに、自分勝手であることを女性は覚えておいた方が良いでしょう。

男性の皆さんは面倒に感じても、女性はこの後戯れが好きなので、自分勝手に終わらせないように心がけてみてくださいね。

そうすると女性は愛を感じて彼氏への愛が深まります。

愛を実感できれば、安心して余計な束縛や嫉妬を女性にさせないことにも繋がります。

7. 付き合う前と後で態度が変わる

付き合う前は尽くしてくれたのに、付き合った後や結婚した後に態度が変わる男性も多いです。

いわゆる「釣った魚にエサをやらない」状態なわけですが、女性が男性が尽くしてくれたと思っていたのは、実は男性が「恋人を獲得したい」と思って自分のために投資しただけに過ぎないのです。

付き合えてしまったり、結婚して安定してしまったら、もうその女性を獲得しようと労力を割いたり、お金を投資したりする必要がありませんよね。

こんな身勝手な男性心理は女性としては戸惑ってしまうかもしれません。

男性とお付き合いができたら、つかず離れずをしてうまく追いかけさせ続けないと、あなたに安心しきって気の抜けた姿に男性はなってしまいます。

ここで変に「彼の態度が変わったのは私のせい・・・」と責めないようにしましょう。

カッコつけないで気の抜けた姿をあなたに見せても良いと心を開いている証拠でもあります。

男性の皆さんは、あんまりこの姿を見せ続けていると女性にあきれられて浮気されてしまうので、気を付けてくださいね。

8. 実は男の方が嫉妬深い

一般的には女性の方が男性の浮気を疑って嫉妬深いとされていますが、実は男性の方が嫉妬深いです。

男性は女性が男性と二人で歩いているだけで、性的な何かがある、女性が男性を誘惑している、という妄想を思いがちです。

また、パートナーの女性が浮気や不倫をしたときに、絶対に許さない傾向にあるのは男性です。

女性の嫉妬は男性との関係を取り戻したい、関係を修復したいという思いがあるのに対し、男性は自分のプライドを守るために女性との関係を一切絶つ方を選びます。

男性で自分が浮気症だったり、積極的にアプローチをするタイプだと、パートナーの女性にも「自分と同じように誘惑している人がいるんじゃないか。」と疑います。

そのため、パートナーの女性に何かがあっては困ると思い、男友だちと合う事や、飲みに行くことを一切禁止する男性も多いのです。

自分に下心や、他の女性を誘惑したい、セックスしたいという思いがあるからこそ、ほかの男の誘惑を気にするのです。

9. 過去の恋愛に対して未練が残る

男性は「名前を付けて保存」、女性は「上書き保存」という心理が一般的に知られているように、確かに女性と違って男性は付き合った女性のことをいつまでも覚えています。

ですが、それともう一つ、男性が女性よりも失恋を引きずりやすいというのは、男性は一人で失恋の痛みを抱え込んでしまうからです。

男性は競争社会で生きていて、同性は友だちであってもみんなライバルです。

このライバル心から、友人にも自己の開示、弱みを見せることがとても苦手です。

一方で女性は友だちに失恋の悩みを聞いてもらうなどして、失恋が辛いのは男女ともに同じですが、まだ女性の方が周りに発散させることができます。

そのため、ネガティブな感情をいつまでも自分の内側にため込むことから男性はいつまでも失恋を引きずったり、ストーカー行為をしてしまうことが多いのです。

ストーカーしてしまう男性のタイプ

ストーカーをしてしまう男性は主に下記のタイプです。

  1. 振られてからストーカーしてしまう
  2. 気があると勘違いして妄想からストーカーしまう
  3. 芸能人やアイドルをストーカーしてしまう
  4. 尊敬する教師や上司等を憧れからストーカーしてしまう
  5. パートナーに執着しすぎてストーカーしてしまう

相手にストーカーしている自覚を持ってストーカーをしている人もれば、全くの無自覚にストーカーをしてしまう人もいます。

私の後輩で、普通に仕事もできる几帳面でまじめな男の子が、恋をした途端にその相手の職場とかに現れたりそういう行為を繰り返しました。

でも、本人は自分がストーカーしている自覚ないのです。

ストーカーしてしまう男性の原動力は妄想で、相手の迷惑や恐怖心も考えずに追いかけまわしてしまいます。

追いかけることは男性はもともと好きですし、目的があるということは心理的にも手に入れたいという欲求刺激にもなります。

男性のストーカーに悩んでいる人は早めに対策したり、専門の機関に相談するなどしましょう。

10. 男は浮気をする

「男はみんな浮気する」と言われるように、もう浮気しない男はいないと思った方が良いでしょう。

それは「あの人良いな」って気持ちだけで何もしないのか、実際に女の人にアプローチしてしまったりアプローチを受けてしまって浮気の事実を作るかの違いです。

男性は種の保存上、より多くの女性とセックスして子孫を残したいと思っています。

そして、特定の異性とセックスをしてしまうと、もう手に入ったと思ってしまい、本能が男性に心理的に「未知な女性とセックスしてみたいな」と思わせてしまうのです。

ニュースで浮気や不倫はバレてしまったらその人の名誉や築いてきた地位を脅かすものだと分かっているのに、男性が浮気をしてしまうのは「リスクがあってもほかの女性とセックスしたい」と思う性衝動のためです。

これは根源的な男性の原因ですが、他にも男性が好きなゲーム感覚での狩りをする達成感を味わいたいために浮気をしてしまう人、もっといい女性がいるのではないかと浮気をしてしまう人、自分が特定のパートナーと深い関係になること、捨てられることを恐れて浮気をしてしまう人がいます。

浮気しやすい男性のタイプ

どんな心理の男性が浮気をしやすいタイプなのでしょう?

好きになってしまったら仕方ないとは言いますが、女性としては浮気をする男性はあらかじめ見破って避けておきたいものですよね。

浮気をしやすいタイプは、基本的にナルシストが多いです。

「自分が大好き」で、浮気してもゆるしてもらえると思っていますので要注意です!

ナルシストの中でも特に

  1. 妄想的な考えを持つ男性
  2. 人に感謝せず、傲慢な男性
  3. 自己中心的な男性
  4. 自分を大きく見せようとする男性
  5. 利益のために人を利用しようとする男性
  6. 自分は特別だと選民意識を持っている男性

この特徴を持つ男性はお付き合いしていて、女性に悪影響を持ってくることがあります・・・

もちろん誰にでも性格的欠点はありますし、男性は一回は浮気したことがあるという人が多いですが、上記の男性は特に浮気がバレた時にあなたに責任転嫁をしてしまう可能性があります。

11. 恋愛と結婚は別

男性は「恋愛=遊び」と考えている人が多く、恋愛の相手と結婚の相手は分けて考えています。

遊びの相手は容姿が良かったり、セクシーで開放的な女性を選びますが、結婚する相手となったら知性があったり貞淑そうな女性を選びます。

女性は恋愛であってもセックスすれば妊娠する可能性があるのですから、そんな風に遊びと考えずに、結婚もお付き合いする相手に考えたりするかもしれませんが、男性の心理的には半分以上の人が「結婚と恋愛は別」と考えているのが事実です。

あなたがもし、彼が結婚を全く考えてくれないという不満があるのなら、彼はあなたを結婚相手としては考えていない可能性があります。

お付き合いをしている以上、「遊びだから別れなさい。」と無責任に言うことはしませんが、結婚相手として考えてくれる別の異性と付き合うことを考えてみても良いかもしれません。

男性は愛さえあれば結婚できると思っている人は女性よりも少ないです。

男性あるある行動・特徴13個

「なんでこんなことをするの?」と男性の謎行動や特徴、色々とありますよね。

男性は決して意味不明で分からないものではありません。

女性と違いがあるだけで、違いをしることができればもっと男性のことが理解できるようになります。

女性的に知りたい、男性のなぜ?についてをお答えします。

男性の皆さんも客観的にチェックしてみてくださいね!

1. 男性はプライドのかたまり

男性は競争社会で勝ち上がらなければいけない生き物です。

家庭に入れば経済的な面で主導権を握りますし、社会に出る時間も女性より長いと言われています。

そのため常に自分の周りはライバルだらけですし、常に自分を誇りに思いたい自尊心や、人から認められたい承認欲求によってプライドは成り立っています。

自分が優位に立ちたい、優越感を持っていたい、どんな些細なことでも勝っていきたいと思うのです。

男性はゲームや競い事などが好きで、これによって勝利する感覚を得られますし、ギャンブルにもはまりやすいです。

少しでもプライドが傷つくと怒ってしまう男性の心理は、実は自信がなく、承認欲求が強いからです。

子ども時代に親から言われたり何らかのトラウマから劣等感を抱いてしまい、人にすごいと言われたい、認められたいという欲求が強いのです。

また、期待やプレッシャーに応えなければならないという重圧や葛藤から、いっそワルの道に進んでしまうのも男性に多いです。

仕事では女性にキツい男性の心理

基本的に性的衝動に突き動かされている男性ですが、男性にとって大事な仕事においては違います。

時には同性と同じか、同性以上にキツく接することがあります。

プライベートでは女性にキツくないのにどうしてでしょう?

結果を出す勝負事にも似た仕事においては性別は関係ないという考えと、男性は今でも女性の社会進出にあまり賛成でなかったり、有能な女性、自分に仕事で勝っている女性に対して生意気な、と思ってしまうところがあります。

このように普段女性差別をしていない人でも仕事に関しては、女性と仕事するのは難しいだろう、と考えてしまっている人がいるのです。

2016年のアメリカ大統領選でヒラリー・クリントン女史が勝つと思われているところを、トランプ氏が逆転しました。

これは一部では女性に大統領が難しいと考えている人がいたためと海外のニュースは報道していました。

ムキになって女性相手にも優越感や競争意識を持っているというのはもちろんですが、こういう差別意識からくるキツさも仕事においてはでてきます。

職場で男性からキツくされると女性としては辛いですが、うまく距離を取った方が得策です。

一方で仕事において男性は同性の後輩には気前よくおごったりします。

何かと一番上に立ちたがり、下の人間には優しくします。

2. 自分の間違えを認めない

プライドの高さに関係しますが、男性が絶対に自分の間違えを認めないということに手を焼いている人も少なくないと思います。

男性は運転をしていて自分が道を間違えたら引き返そうとしなかったり、健康に悪いと分かっていてもタバコやお酒をやめられなかったりします。

男性は自分の行いを悪かったと認めず、自分がしたことに対してほかの新たな意見や理由を探して、肯定にしてしまう傾向があります。

これが浮気がバレた時に言い訳をしてきたり、彼女のせいにしてしまう男の心理です。

自分がやったことを悪いと認めることは、誰だって不快です。

男性のプライドの高さから、謝ったり引き返すということができないのです。

犯罪者は男性が多い

男性は男性ホルモンによって女性よりも攻撃的になっています。

殺人事件、傷害事件、強盗どれも男性の方が多いです。

力が女性より強いというのもありますが、この自己を肯定して行動に踏み込めてしまうところが男性にはあります。

また、少女誘拐などに走ってしまう男性の心理は、もともと自分が少女しか恋愛対象でないという少女主義だったり、自信のなさから女性がてに入れることができずに少女で代替愛をしています。

3. 男性と女性で会話の仕方が違う

女性が男性と喋っていると、男性をイライラさせてしまうこともあります。

男性は会話をするときは左脳を使ってしゃべるので、結論先に述べたり論理的に喋るのを好みます。

一方で女性は右脳と左脳を両方使ってしゃべるので、自分の感情と合わせて喋ってしまいます。

次から次へと話題が生まれますし、話を発展させることが得意です。

ですが、男性からすると「・・・で、何が言いたいの?」と女性と話していると結局用件が分からず、混乱してしまったり疲れてしまうことがあります。

同性と喋るときは楽しいおしゃべりにして良いですが、男性と話すときはちゃんと用件や結論が分かるように心がけることで、男性とも楽しく会話することができるようになります。

4. 男性はみんなマザコン?!

これは日本の家庭環境的に男性はマザコンになりやすいというのがあります。

男性は子ども時代に母親に対して恋愛感情を抱くものですが、それが大人になるにつれて自立し、親子愛に変化するものです。

ですが、この自立がされるのに大事な存在が、父親というライバルです。

母親の愛を手に入れるには父親を越えなければいけません。

自分の親ですら男性にとっては子どもの時からすでに同性の競争相手なのです。

ですが、日本では家庭内で夫婦関係よりも親子関係の方が重視されがちです。

そのため、男性は父親というライバルの存在なく母親を独り占めできてしまうため、大人になっても母親愛が強いマザコンの男性になってしまうのです。

マザコン男性は、いつまでも母親から離れることができなかったり、付き合う女性に母親を求めてしまったりします。

5. 男女の友情は成り立つのか

長年のテーマになっている「男女の友情」ですが、最近の研究では「男女の友情はある」とされました。

若い男性はたしかに女性よりも友人の女性に対して性的魅力を感じやすいですが、特定のパートナーが男性にいるときは友人の女性と付き合いたいかという問いには誰も「はい」と答えませんでした。

男女の友情は、相手の性的魅力が友人関係を築くうえで妨げにならない場合に成り立つとされています。

男性は「俺に気がある」と勘違いしやすい

これは男性と女性にパーソナルスペースの差があるためです。

パーソナルスペースとは目に見えない個人の縄張り、対人との距離感で、一定の距離から中に入られたら不快に感じられたリ、友だちや家族など親密な関係の人しか入らないスペースのことです。

一般的にこのパーソナルスペースが女性は狭く、男性は広いことから、女性が男性の親密ゾーンに入ってしまい、「俺に気があるんだ。」と勘違いしてしまいやすいです。

また、男性は女性のお世辞や何気ない行動を深読みしやすく、良いように性的な解釈にしてしまう傾向があります。

女性は全くそんな気がなかったのに、「誘惑された、セックスに誘われた!」と思い込んでしまうことも少なくありません。

6. 男性との電話・メールの心理

「なんで男性は既読無視をするの?」「あの人と仲良くなるために電話したいけど、男性ってそもそも電話すきなのかな?」そんな男性に対する疑問を感じる人も多いと思います。

男性にとっての電話やメールに対する心理を説明します。

男性は長電話が苦手

男性は女性と違って、電話に対しては情報伝達の手段だと思っています。

なので、女性に用件が終わった後に長々とほかの長電話をされてしまうことを苦手としています。

相手の女性の気を引きたくてアプローチの段階で長電話をする男性もいます。

あとは男性にとっては視覚からの情報が一番強いので、長電話するくらいなら直接会いたいと思うのが男脳的な考えです。

彼と仲良くなるために電話がしたいと思っている人は、電話は用件だけにして実際に会うチャンスを増やした方が良いでしょう。

男性が既読無視したり、返事が遅い理由

女性からメールを受け取っても、返す必要がないものだと思ってしまったり、女性が好きな他愛のないLINEも重要ではないと無視してしまったりします。

本当は気が合って、駆け引きをするためにわざと遅らせるような男性もいます。

忙しかったり、間が悪いところにメールを受け取ってめんどくさくて返し損ねてしまうということもありますので、男性からのメールやLINEにおいて心理的な意味を深読みして振り回されないようにしましょう。

長電話が苦手などと同様に、男性にとってはメールやLINEなどは情報伝達のためのツールだと思い、重要視していない可能性が高いです。

7. 「忙しい」という男の心理

男性の中には仕事が忙しいアピールをしてくる人がいます。

こういう人は忙しい自分に酔っている、人から必要とされて承認欲求を満たしている、忙しいことが偉いと思っているナルシストです。

自分の能力が足りなくて仕事がはかどらないくて忙しくなっているのに自分を美化してしまって気が付けなかったり、みんなから「頑張ってる」と思われたいという心理があります。

8. すぐにバレるような嘘をつく

嘘つきな男性と付き合って、疲れた思いをしたことある女性もいるかと思います。

男性は女性より嘘をつくのが下手ですし、嘘をついたことに後ろめたさを感じて挙動不審にさえなります。

それでも嘘をつくのは、自分がすごいと思われたかったり、浮気を隠すなど自分を守るための嘘をついたりします。

初めて会った人にバレないと思って辻褄の合わない経歴を喋ってしまう男性がいますが、これは承認欲求を得たいという男性のプライドからくる嘘です。

9. 一度に一つのことしかできない、記憶してないことがある

女性がマルチ脳なのに対して、男性は一つのことしかできないと言われています。

これは脳の構造の違いです。

基本的に女性よりも想像力は乏しいです。

男性は仲の良い友人の近況を話していたはずなのに記憶していなかったり、記念日も覚えていなかったりと女性としては「なんで?!」と思う事があっても、これは脳の違いです。

男性は長期記憶であるイメージ記憶が女性よりも弱いと言われているので、女性にとっては事細かに覚えている大事な記憶を男性は忘れてしまっていることがよくあります。

女性は左脳と右脳の大きさがほぼ同じなのに対して、男性は右脳の方がやや大きいです。

右脳と左脳の連絡回路も、男性の方が女性より30パーセント小さいのです。

ですが、男性の方が右脳による空間認識能力が高かったり、一つの物事に対する抜群の集中力があったりします。

本来数字などは女性の方が強いはずなのに、有名な数学者に男性が多いのは、自分が好きなことに対してとことんまで入り込む男性脳によるものです。

女性とは見てるポイントや記憶している情報量が違うので、これは歩み寄っていかなけばなりません。

男女で脳の構造的にも役割が違いますし、「なんで覚えていないの!」と責めて彼のプライドを傷つけたり、「覚えられてないなんて、私は大切にされてないんだ・・・」と傷つく必要もありません。

10. 物へのこだわりが強い

男性はフィギアなどの物をコレクションしたり、やたら飾る用と使うようで買ったり、ヴィンテージものやブランドものに凝っていたりします。

女性からみたらそこに投資する男性の金銭事情が心配になったり、なんで使わなかったり、集めても意味ないものを集めてしまうの?と疑問に思ってしまうことも少なくありません。

男性からしたら、こういうコレクションや限定ものを集めることは、女性と違って実際に使う、着飾る目的ではなく、
その物を持っていることで他人から一歩抜き出ている自分に対して優越感に浸れるためです。

男性としては優越感からくる自尊心、人からすごいと一目置かれるような承認欲求はお金を出してでも欲しいと思うものです。

11. 男性は一人で悩んでしまう

男性と付き合っていて、「彼が悩みを話してくれない、一人で抱え込んでしまってどうしたら良いか分からない。」と悩む女性もいると思います。

男性は基本的に悩みを話しません。

女性は悩みを話して共有しようとしますが、男性は自分の考えがまとまるまでは一人で考えたいと思います。

人に悩みを話したり弱みを見せてしまうことは、男らしくない子どもの時から言われてきたこともあり、そんな心理から話すことができなくなっています。

また、脳の構造上、女性よりも自分の考えをまとめたり生理するのに時間がかかると言われています。

なので彼が悩みを抱え込んでしまって苦しんでいる時に何もできないのは女性として辛いのはわかりますが、無理に聞いたりしないで彼が自分で考えをまとめてあなたを頼って来てくれるときまで見守ってあげましょう。

12. 男性は買い物に付き合うのが苦手

男性は女性の買い物に付き合わされるのが苦手です。

ついデートの時に見たいものがあると立ち寄ってしまいたくなってしまいますが、女性のファッションの「あれも、これも・・・」と個人の感覚的で論理的正解のないものを選ばされるの付き合うのは心理的にストレスを感じて疲れてしまいます。

最近では男性でもおしゃれな人は増えてきていますし、買い物が嫌いなわけではありません。

価値や機能がはっきりしている家電を選ぶ方を好みます。

彼とせっかくのデートで失敗しないためにも、買い物に付き合ってもらう時はほどほどにしましょう。

13. アイドルにドはまりしてしまう。

自分の彼氏や好きな人がアイドルにはまいて、どうしたらいいか分からず困っているという人もいるでしょう。

男性は毎日会う人にたいして好意を持つという心理があります。

アイドルに毎日テレビで見ると親近感を感じます。

テレビに出るだけなら女優やタレントも同じですが、AKBなどのアイドルはイベント、握手会をやることで「彼女たちは実際に会うことのできる遠い人物ではない!」とギャップを感じることから、ますます思い入れが強くなってはまってしまうのです。

ディズニーランドのプリンセスを毎日追いかけてついには出入り禁止になった男性がいました。

彼もまた、アニメーションの空想のお姫様と実際に会えるというギャップに取り付かれたのでしょう。

一方でアニメにはまるオタクの男性は、心理学的に「アニマ」と呼ばれる無意識化にある理想の女性や、実際に現実に手に入ることのない女性をキャラクターに投影して執着しています。

男性のステータス別の心理

既婚者、バツイチ、年代別に男性はどんな心理的変化があるのでしょうか。

家庭事情、職業においても様々ではありますが、共通の特徴をあげてみました。

知りたい彼に当てはめてチェックしてみましょう!

既婚男性の心理

既婚の男性でも、男性の根本の欲望である複数の女性とセックスがしたいという衝動から、他の女性を見てしまったり、不倫をしてしまう人がいます。

もちろん結婚したパートナーに対して固く誠実に、絶対浮気をしないという人もいます。

ですが、既婚男性は実はモテます。

結婚したことで落ち着き、余裕が出たりパートナーの女性を大事にしている姿から、結婚した後に女性にモテ始めるということは少なくありませんので注意が必要です。

よってくる女性には性的衝動に負けてしまってつい浮気してしまうというのもありますが、男性にとっては本命と浮気相手、セフレは別です。

早めに対処し、原因を改善することで関係修復ができます。

バツイチ男性の心理

バツイチの男性に共通している心理は、前の結婚での失敗で女性の悪い部分を見てしまっていたり、絶望や失望を感じているケースがあります。

もう女性とは付き合わないと決めていたり、自信を喪失してしまって積極的になれないなど、恋愛に対して後ろ向きです。

体を求めてこないで大人な対応をしてくれるバツ一男性に魅力を感じている女性も多いのですが、肝心の本人は恋愛モードになかなか入れなかったりします。

バツイチ男性を好きになってしまってアプローチをするには、この「一度結婚して離婚してしまって失った自信や自尊心」を回復させるよう、あせらず接していく事が大事です。

ただ、バツイチ男性と付き合う上で注意しなければいけないのは、前妻との間に子どもがいる場合です。

慰謝料と養育費を払っているので彼にとって経済的負担は大きい物になっている可能性があります。

こればかりは現実的な問題なので、経済力を冷静に見てみましょう。

10代の男性心理

10代の男性は、女性より精神的な発達が遅いと言われています。

一つは性的欲求に目覚めることによって、そのことしか考えられない時期が10代にはあります。

また、無責任、不安、孤独といった特徴も出てきて、男尊女卑の考えを持つ人も少なくありません。

自己中心でナルシストな傾向がありますが、年齢とともに落ち着いていきます。

この年代の男性と付き合うと、女性は色々と振り回されてしまうこともあるでしょう。

好奇心が強くて性的な衝動も強い時です。

彼の幼稚さを受け入れてあげるように接してあげることでうまく付き合えます。

20代の男性心理

20代になると、社会に出始めて、異常なプレッシャーや競争にさらされることになります。

そのため、葛藤から身を守るために自己愛、ナルシストになります。

不完全な自分を空想の自分で補い、現実を見ようとしないのですが、20代後半になり順調に出世したり自分の思い通りでない立ち位置だと、自己の矛盾に気づき深く悩むようになります。

20代の、特に後半の男性と片思い、付き合う時には、彼の社会と自分と苦しむ彼の姿を見ることになると思いますが、フォローしてあげつつ、彼が一人にして欲しい時は見守って余計なことはしないようにしましょう。

本当に苦しい時は助けを求めるはずなので、むやみに心配してしまうと逆に「俺ってそんなに信頼ないのかな?」と傷つきます。

30代男性の心理

20代の葛藤を乗り越えてようやく大人になっているか、いつまでも子どもでいたいかに分かれます。

子どもでいたい男性はいつまでも親元にいたり、年上の女性を選んで依存したがったりします。

また、30代は精神的には安定しますが独身だと孤独を感じて、結婚できるような女性を急に求めて探し始めたりします。

仕事に忙しい時期なので、恋愛どころではないという人も30代には当然います。

相手の男性がどのタイプなのかを見て、効果的な心理アプローチをしましょう。

マザコンの男性には若いアピールよりも落ち着いた包容力あるアピールの方が良いですし、マザコンでない男性にはスタイルや服装に気を付けて若さを演出してアピールした方が心理的・本能的に有効です。

40代男性の心理

40代になると、男性は落ち着き、男の魅力が出てきます。

40代で独身の人の心理は、「今更こんな年だし、結婚はもういい」という人と、「仕事も落ち着いたし結婚相手を見つけたい」と焦る人に分かれます。

そして結婚したい派の人は、子どもを望める若い女性から相手を探したがります。

40代の男性を好きになった場合、恋愛スイッチが入っていない人は異性として認識させて雄の本能を呼び覚ます必要がありますし、相手も自分に恋愛チャンスが少ないことを分かっていますから、自分の良さを適切にアピールできれば成功確率は高いです。

逆に40代の男性は30代の男性よりもさらに大人で色んな人生経験を経ていますから、変な若さアピールや相手の心理を読んで駆け引きをしたり小細工をしたりしない方が良いでしょう。

確かにいくつになっても若い女性を支持する男性は多いですが、自分が結婚したい相手には派手さや若さはあまり求めません。

まとめ

なぜ、同じ人間なのにこうも男性と女性で考え方が違うのでしょうか。

セックスの話が多くなりましたが、男性と女性の間にはセックスへの価値観等がかなり差があり、これが恋愛においては大きな亀裂になることがあります。

女性が男性心理を知るということは、男性とこれから接していく上で、「あぁ、男はこういう生き物なんだ。」とある程度違いを知ることができます。

もちろん男性心を何もかもうのみにしてしまってすべてを当てはめて依存してはいけませんが、知っていると非常に役立つことがありますし、もっと仲良くなりたい時、悪くなってしまった関係を修復したい時などに非常に使えるものです。

男性という生き物の根源の欲望をちゃんと知ることで、あなたの恋愛がより充実したものになりますように!

そして男性の皆さんは、男性心理を参考にして自分を客観的に振り返ってみて、大事な彼女との付き合い方を振り返ってみましょう。
⇓   ⇓   ⇓

-恋愛

Copyright© こいこい(婚活・マッチングアプリ)コミュニティー , 2020 All Rights Reserved.