マッチングアプリや婚活、恋活の情報をできるだけ徹底的に調べて本当の情報をお伝えしています

こいこい(婚活・マッチングアプリ)コミュニティー

Uncategorized

男子高校生の彼女の作り方マッチング方法を聞いてみた!

更新日:

男子高校生の彼女の作り方を聞いてみた

男子高校生の彼女の作り方を聞いてみた!

告白は男から!話しやすく優しい男の子だといいです

私の場合ですが、高校生のときにこの男の子いいなと思った人は、趣味が合ったり、部活や勉強などなにかしら頑張っている、チャラチャラしていないでした。

仲の良い女の子から好きになったりした方が学生の間は作りやすいのではないのかと思います。容姿も大切だとは思いますが、制服の着こなしかたや、髪型、女の子に対する態度や、生活態度などで、雰囲気イケメンになれると思います。

俺様系の男が好きな女の子もいると思いますが、優しい男の子の方がモテると思います。けれど、なよなよしてはダメだと思います。女の子にもよりますが、マメな方がいいと思いますし、告白するなら男の子の方からした方がいいです。意識してなかった男の子でも意識し始めたりすると思うので。

彼女を作るにはタイミング!

高校生は、学校などのイベント事が多いので友達同士の関係がより親密になる機会が多くあります。イベント事の前の準備期間など男女が協力して取り組む場面も多いです。恥ずかしさなどによって普段あまり自分から積極的に話したり絡んだりするという行動ができなくても、こういったイベントを使うことで自然にとても近い距離で話をすることができます。

彼女を作るには、まずとても仲の良い関係になることが大事です!さらに、体育祭や文化祭などのイベント事の時には、魔法にかかったかのように、今まで何も思ってなかった相手を急にかっこよく思ったり頼もしく感じたりします。そういったチャンスをうまく使い、さりげなく気になる女の子のサポートをしてあげると成功する可能性がとても高くなります!

ボランティア活動への参加

ボランティア活動に参加すると良いです。高校生で作るボランティア団体も多く存在し、ボランティアの内容によっては一緒になって長期間関わることも多くあります。特に何かの係になることによって連絡を取るために高校生と連絡先も交換します。

このため、気軽に連絡先を聞き出すことも可能になっています。さらに一緒に作業を行うことによって親しくなりやすいです。親しくなると自然に打ち合わせ後に食事やお茶に誘いやすくなり、さらにデートも誘いやすくなります。ただし、誘う際にはガツガツせず、年上らしい大人な対応をすることです。メールも頻繁に行わずに簡潔にメールを送ることによって信頼もしてくれるからデートに行きやすくなります。

SNSを有効活用して、高校生の彼女をゲットする

高校生の彼女を作るには、高校生の知り合いを作ることから初めるといいと思います。今は、SNSなどで、誰でも簡単に繋がることができるので、まずは気軽にインスタグラムやツイッター、フェイスブックをフォローするところから始めます。そして、フォローできたら、意中の人の投稿にいつもいいね!や簡単なコメントをするようにします。

ここで気持ち悪がられてブロックされる場合もありますが、相手が反対に、自分の投稿にもいいね!やコメントをしてくれるようになったら脈ありのサインかもしれません。普段から、人に受けるような投稿を心がけ、相手から良い印象を受けるように誘導します。打ち解けてきたと思ったら、思い切ってダイレクトメッセージを送ってみて、お互いにしばらくやり取りしたら、実際に会うことを提案し、回数を重ねて慎重にアプローチすればいいと思います。

体育祭や文化祭のイベントを利用して彼女作り

学校内で彼女を作りたいのであれば、やはり体育祭や文化祭などのイベントを利用するのが良いのではないでしょうか。と言っても体育祭や文化祭の当日だけではありません。体育祭や文化祭までの準備期間が好きな女子に接近する良い機会になるのです。体育祭や文化祭の準備を行う際は、生徒同士様々な役割を分担すると思いますが、その際に好きな子と同じ担当を狙ってみます。放課後遅くまで作業することも多く、距離がグッと近くなります。

体育祭や文化祭の準備はただでさえ楽しい作業なので一緒に作業することで急速に仲が深まることがあるのです。また、「暗くて危ないし一緒に帰ろうよ」などと声を掛けやすくなり、一緒に帰るきっかけを作ることができます。そして、体育祭や文化祭の当日、気分が盛り上がったところで告白すれば成功する可能性がより高まると思います。

積極的に女子に話しかけてみよう

男女共学の場合には自分が好きな女性でなくても、積極的に女子に話しかけて交流を持つことが大切です。スマホやタブレットを持っていたら「ラインの交換」などをするのも良いでしょう。

「自分が好きな子」以外にもアンテナを張っておく必要があります。もしかしたら、ほかの子があなたのことを好きかもしれないからです。

彼女が欲しいという気持ちが強いのなら、告白されたらとりあえず付き合ってみるという考えも必要です。

男女共学の場合は学校の行事などが多いので、その時に一緒に楽しんだり、悩んでいることを相談に乗ってあげたりすることで距離を縮めることができます。

また、男子校の場合には彼女のいる友人に友達を紹介してもらったり、校外でのサークルに所属したり、アルバイトなどをはじめて学校以外に出会いの場を求めるとよいでしょう。

彼女の作り方はありません

自分が高校生だった時は、同じ中学校の友だちから友達の高校の女の子を紹介してもらうのがきっかけで付き合うことがおおかったです。ちなみにまわりの友達も同じような紹介してもらうのがおおかったみたいです。

紹介してもらった後はメールや電話をこまめにとりあってデートまでつなげてました。只、高校生なのでお金もそんなにないのでコースがだいたいきまったました。自分は映画が好きなので映画みにいくのがおおかったですね。

得意な分野なので会話に詰まることもなく自然に会話が続くのもいいですし、喋るのが苦手な人でも映画見てる間は無言の時間もゆるされますから何かと便利かと。

後は彼女を作ろうと行動すればいいと思います。あくまでも自分の意見なので絶対ではないです。

趣味をしっかりもって共感!

高校生の頃というのは、初めての大人としての恋愛だと思う。中学生の頃は、金銭面を一切考えず、相手への好意のみで付き合える。

しかし、高校生にもなるとお金を使って軽い遠出が可能になって行く。こうなると、中学生までは学校内での過ごし方で彼女が出来る出来ないがあるかもしれない。

足が速いとか、勉強ができるとか。それは導入の部分では、高校生も然程変わりはないかもしれない。しかし、帰り道にコンビニによったり、クレープ食べたりと、学校の外に出た後にも、長い時間同級生と関わる時間が増えてくる。ここはもはやプライベートな時間になってきている。そこが中学生と高校生の大きな違いだと思う。

デートも公園から娯楽施設へと変わって来ると思う。その中で、自分にこれだと思う趣味(プライベートな時間)をしっかり芯を持てば、女性にも彼はこういう人とはっきりし、興味があることがマッチすれば彼女が出来る確率も高くなると思う。ただ彼女作りたいだけであれば、女性ウケも考えた趣味がいいかも。

高校生の初めてのカノジョ

彼女が欲しいなら、以下の3つの点を考えてみましょう。

・彼女にしたい子と知り合いである場合、まずは自分の存在を印象づけることから始めましょう。両思いでもない限り、あなたはクラスのその他大勢のままです。毎日挨拶をする、困っていたら助けるなど、その子にとって、気づいたらいつも助けてくれるくらいの距離感がはじめはベスト!

・一番大事なのは清潔感のある身だしなみを心がけること!特に、女子は汚れやにおいにはとても敏感。汗を掻きやすい季節は汗拭き用のハンカチでこまめに汗を拭いたり、替えのシャツを用意するなど、汗くさくならないように気をつけるだけで変わります。男子だって、汗くさい女子とは一緒にいたくないですよね。

・好き避けはしない!もしかしたら、これが一番難しいかもしれません。好きなのが伝わらないようにわざと嫌われるようなことをしたり、言ったりしていませんか?それ、女子はあなたに嫌われていると思ってしまいます。この作戦が通用するのはせいぜい中学校に入る前まででしょう。彼女が欲しければ思いをはっきり伝える、やっぱりこれが一番確実な方法だと考えます。

男女共学や男女共学で暮らすも男女混同の高校がいい

高校生の彼女の作り方はまず男性と女性が一緒にいる機会を増やすことです。そのためには男女共学の方がいいです。大抵男子高校だけだと彼女が出来ない人もいます。私も女子高校だったから今思えば男女共学の高校に行けばもっと出会いがあったのになと公開しています。

しかし男女共学でもクラスが男子だけとか女子だけだとなかなか彼女は作りにくいです。男女一緒にいるクラスの方が授業中困ったときでも本を見せてあげたり、消しゴムを貸してあげることで男女の和が広がります。少し興味を持ち始めたらご飯などに誘いながら一緒に食べたりするとさらに関係が深まります。とにかく女性といる時間を増やすことで彼女を作りやすくなるし、呼びかけてくれるケースもあります。

-Uncategorized

Copyright© こいこい(婚活・マッチングアプリ)コミュニティー , 2020 All Rights Reserved.