マッチングアプリや婚活、恋活の情報をできるだけ徹底的に調べて本当の情報をお伝えしています

こいこい(婚活・マッチングアプリ)コミュニティー

モテる男性

モテる男性line頻度駆け引き内容放置既読無視返信しないテクニック!!!

更新日:

モテる男性のline頻度アイコン画像駆け引き内容放置プレイ既読無視返信しないテクニック!!!

モテる男性line頻度駆け引き内容放置既読無視返信しないテクニック!!!

引かずに攻め続けるのがコツ

私は、よく友人からラインのやり方がうまいとほめられるのですが、私のやり方は、とにかく攻めるということです。好きな女性が自分に全く興味が無い場合は引いてしまったら向こうから振り返ってくれることはないと私は考えています。

ですので、ラインの頻度を他の女性よりも高いことを伝えたり、自分からデートの誘いをします。すると向こうはまだ気がなくても、自分の好意に気づいてくれます。

またラインには既読制度があるので、もし既読スルーがあれば電話をしてみたり、さりげない文を送ります。そして未読の場合は、単にスルーしているのか、携帯を開けないのかはわからないので、何度も文を送らずに、向こうのペースに合わせて、うざがられない程度に、攻めるのがテクニックだと思います。

送るタイミングと駆け引きが重要

気になっている相手との距離感を意識することが最大のポイントです。

例えば、あまり接点はないけどお互い顔は知っている程度の仲でいきなり馴れ馴れしく相手の休日の予定を聞く連絡を送るのは間違ってる駆け引きです。

しかし、だからといってLINEで連絡を取らないといつまで経っても2人の関係は進展しません。

そこであまり親しくない人にも簡単にLINEを送ることができる方法があります。

それがタイミングを見計らうことです。例えば新年の挨拶と称してLINEしてもいいし、都心で雪が降ったならそのタイミングで相手にLINEをするのもアリでしょう。

とりあえず何かイベントや、相手もびっくりするような事があったらLINEを送りましょう。気軽にLINEをしているんだよって察せられるくらいがちょうどいいでしょう。

相手との距離感を意識したときにいきなり馴れ馴れしく接するのではなく、まずはじめに気軽にLINEしあう関係になる事が大切だと思います。

女性側で終わらせないような内容で返信する

モテる男性line頻度駆け引き内容放置既読無視返信しないテクニック!!!
モテる男はやはりコミュニケーション能力が高い男性だと思います。

大人しく口下手であるよりは、おしゃべりが得意で楽しませてくれる人を女性は好むと思います。

しかしラインでは文字だけで感情を伝えなくてはいけないので、文章だけでも話しているのと変わらないくらい明るく楽しいものがモテます。顔文字を適度につけてくれたり、時には写メを載っけてくれたりいかにも今そこで一緒に話しているかのような内容だと退屈しません。

また、よく女性に質問してくる男性だと自分に興味があるのかなと思ってしまうのでそれもテクニックの1つだと思います。更には女性が返事をして終わるような会話にならないように気をつける事もポイントです。既読してすぐ返事するのではなく適度に間を空けるのも良いです。

モテたいなら媚びていい既読無視なんか持ってのか他!

本当に落としたい相手であれば、媚びるようなことをしても構わないです。

一緒に過ごしてる時間の中で、相手がお手洗いなどで一時的に席を外した時、相手がスマホを持って行った行かないに関わらず、気持ちを文字にして送ります。

「さっきの食べてる顔、可愛かったよ」と褒めたり、ストレートに「好き」と伝えたりしてもいいです。

友達同士でも相手がいない間についスマホを触ると思いますが、ゲームやTwitterの確認してしまうと切りどころが難しく、相手が戻ってきてからもしばらく触っているなんてことありませんか?

好きな人や気になっている人の前ではそういう態度を控えてるよ、といったアピールとしての意味でも効果があります。

ただし、文字無しのスタンプだけを送ると、構ってちゃんに見える可能性があります。ここは恥ずかしがらずに文字で勝負しましょう。

また、「特別な人と話す場所」という意識を表すために、背景画像やアイコンも設定するのも効果があります。

普段ではほとんど見ることはない部分だけに、会話のスクリーンショットや、ふとした瞬間に相手に見えた時、「特別に思ってくれてるのかな」と強く意識を持たせることが出来ます。

駆け引き上手なんです

モテる男の人は基本的に自分からLINEはしないと思います。でも、LINEがきたときには返信は早いですね。

絵文字もそこまでなく、基本的に記号が多いです。

相手にLINEを読んでもらって想像させることが上手く、返信したくなるようなLINE、返信しやすいLINEなどを送ってくれると思います。

だけど、メッセージは短文です。返信は早いけど短文、惑わす事が上手です。

普段は記号しか使わないけど、ここぞというポイントはおさえているので、そんな時は顔文字や絵文字を使ってくれるので、相手はテンションが上がります。

嬉しいや楽しい、ありがとうといった感謝のLINEはすごい丁寧に返してくれます。決して相手を不愉快な思いにはさせません。

タイムラインに多く書かない

ラインのタイムラインがありますが、そこにたくさんの内容を記載することは、できるだけ避けるようにしましょう。なぜなら、相手は気になる人のタイムラインや写真などをしばしばチェックするものです。

その変化を楽しむ相手もいるかとは思いますが、その分、細かな変化にも敏感です。しかも、記載された記事には、一通り目を通すでしょうから、下手なことは記載できません。

最近は、ライン以外のフェイスブックやツイッターなどが連携してるため、他のアプリで記載した内容が、何かのタイミングでラインのタイムラインに書かれてしまい、その内容から相手を傷つけてしまう可能性もあります。

気をつけていれば、記載しても防げるかもしれないですが万が一の事を考え、余計なことはかかないようにしましょう。

テクニックは、まずは素早いレスポンス

やはり、ラインの利点というのは、簡単にメッセージを送れる、気軽に送れるという点だと思います。しかも、見たか見ないかは既読マークが付きますので、送った相手は、見たかな?見たかな?と、既読マークがつくのを心待にしてます。そのため、まずは、相手からメッセージが来たら、できるだけ早めに目を通すという事が大切です。

また、見たあと、すなわち、既読マークが付いた後、しばらくレスをしないのは、相手への印象を悪くしますから、出来るだけ早くレスをするようにしましょう。

また、どうしても、相手が送った後、しばらくレスをするのが難しい場合には、既読マークを付けないようにしましょう。そうすれば、相手はまだ見てない、忙しいのかな?と考え、後で返信する時に、◯◯で返事遅くなってごめんね。と言えばいいのです。

最近は、アプリをインストールする事により、既読を付けずに読めるアプリがありますから、それらを十分に活用するようにしましょう。

気遣いが伺えるやりとりが異性を落とす!

言葉とスタンプの使い分けが上手い人だと思います。既読になるけど、返信がないのはもってのほかです。

丁寧すぎて読むのが苦になるような文章の長いのも嫌煙されます。

会って別れた後に、タイミングをみてありがとね。とか楽しかったよ。またね。とか、短い文面にもちょっとしたきづかいがうかがえると、この人できる人だなぁと感じます。

女性の扱いにこなれ感があると 気遣いも裏目にでるので過剰ではなくサラッと。

LINE上でも数日前に話していた話に対して、この前話してた〇〇大丈夫だった?とか、この前、話してた〇〇さぁ。とか、自分の話を覚えていてくれて、その場だけで会話を終わらせないでいてくれると人と対話をしっかりできる人なんだなと感じます。

返信のスピードに緩急をつけてみよう!

モテる男のLINEの恋愛テクニックは数々存在しますが、一番効果的なテクニックはズハリ返信のスピードに緩急をつけることです。

時には素早く返信し相手を喜ばし、ある時には即既読にするにも関わらず数時間返信しなかったりします。

すると相手の女性は何かあったのか?どうしたのかな?と心配し気になります。

そこでやっと返信が来たら、女性はいつも以上に喜びその男性に対して益々夢中になるでしょう。

だいたい5回に1回くらいの割合で、返信を遅らせるのがより効果的だと思います。

何気ない会話については素早く反応し返信しても構いませんが、約束ごとなどは少し時間をおくと良いかもしれません。

以上、モテる男のLINEの恋愛テクニックについてお話しました。気になる女性にラインを送りたい男性は、是非参考にしてみて下さい。

2人で会うためのLINE

LINEをしている間は相手のペースになるだけ合わせる。そうすることで向こうも自然とLINEが楽しくなるとおもいます。ある程度話が盛り上がったらLINEを一旦こちら側から切ります。

そうすると、向こうからしたら今まで続いてたのに急に終わったことで寂しい気持ちになります。そこで向こうからまたLINEが送られてくるのを待ちます。

そのときに今度はこっちのペースに話を持っていきます。そのときのポイントはwantをたくさん使うこと。〇〇がしたい、〇〇が食べたい、などをいうことによって自然とじゃあいこうという流れになります。向こうがもし、いきたいとならなければ今度はこちら側から行きたい場所がないのかを聞いてあげるのもコツです。

-モテる男性

Copyright© こいこい(婚活・マッチングアプリ)コミュニティー , 2020 All Rights Reserved.